臨床検査ならば保健科学東日本にお任せ

臨床検査ならば保健科学東日本にお任せ

臨床検査ならば保健科学東日本にお任せ 保健科学東日本では医療機関からの臨床検査を受託しています。検査の幅は豊富で、生化学検査や血液学検査から始まり、細胞診検査や病理組織検査などの専門的な検査においても取り扱っています。最新の技術が揃えられており、ご希望のデータを採取することが可能です。またデータの取り扱いに関しても厳重なセキュリティーが敷かれており、安心、安全なサービス体制が整えられていることも、長きに渡って顧客から利用され続けている理由の一つです。倫理規定も設けられており、一切の不道徳的な行為がなされないような管理体制になっています。

保健科学東日本にて扱われている臨床検査の種類は豊富で、例えば一般検査について見ていくならば、尿中の成分濃度を測定してもらえるだけでなく、前回に測定されていたデータと今回の検査結果を照らし合わせてチェックしていくことも可能になっています。尿定性や尿沈渣、尿定量のチェックなども行ってもらうことができます。自動分析装置も導入されており、データをより正確に、より確実に、より迅速に出せるようにもなっています。この他、髄液検査に腹水、胸水検査や精液検査などの体液の検査もできるようになっているなど、検査サービスの幅はとても広いものとなっています。



環境保全に取り組む保健科学東日本

保健科学東日本は埼玉県にある会社で、臨床検査の受託業務、健康管理および健康増進に関するコンサルティング業務、医療用機器、介護用機器の製造、販売、輸出入および賃貸に関する業務など医療に関わる様々な業務を展開しています。健康や病気と密接に関わる企業だからこそ、所属する職員全員がしっかり会社の基本理念を理解して仕事をしています。特に環境対策にこだわっていて、健全で豊かな環境を将来に残すためにどのようにしっかり取り組んでいかなければいけないかを社員が一丸となって取り組んでいる姿勢が重要だと考えています。

保健科学東日本は医療に携わる幅広い業務内容を展開していますが、この業務内容は医療と福祉の発展に繋がるという認識を持っています。社員が一丸となって基本理念を理解しながら確かな技術と熱きハートをしっかり持ち続けて地域貢献をすること、そして地球環境にしっかり配慮することが大切だと考えています。だからこそ循環型社会の構築が大切だと理解しながら送球の構築に向けてしっかり取り組んでいます。保健科学東日本はでは社員が同じ方向を向いてしっかり取り組んでいるからこそ、多くの人から信頼される企業に成長し続けています。

今注目されている「循環型社会」になるために企業で取り組んでいる保健科学東日本は、有限である資源をいかに効率的に活用することができるかを常に考えて、再生産できるものは有効に活用していこうというものが循環型社会の特徴になります。常に廃棄されてしまうことが多いですが、保健科学東日本では社員がリサイクルという気持ちを持ち続けて、持続可能な形で循環させながら利用していく社会を作っていこうという考えを持って事業展開をしています。社員全員で循環型社会をしっかり意識することで、廃棄物の抑制に繋がることと、環境への負荷も低減されるために、常に循環型社会になるためにどうすれば良いかを考えています。

幅広い事業を展開している保健科学東日本ですが、どの事業も行き着くところは環境に優しい事業展開をすることが最終目的となっています。だからこそ、それぞれの事業でしっかりルールを設けて、そのルールに従って社員が一丸となって仕事をしている素晴らしい会社です。今でも右肩上がりで成長をしている企業ですが、これからも期待される企業として今まで以上に成長をすることができる企業で有り続けるでしょう。保健科学東日本は日本の健康と環境を考えながら常に前進し続ける会社なのです。

保健科学東日本の安心安全なサービスづくり

保健科学東日本では、誰もが豊かで安心して暮らせるような便利で快適なサービス提供を目指しています。保健科学東日本は、確かな技術力と思いやりの心を忘れずに、安心して使うことのできる良質なサービスを展開している会社です。また健康に必要不可欠なさまざまな検査や検診、環境への取り組みもしっかりと行っています。では、どのようなサービスづくりがされているのか分かりやすく解説します。

保健科学東日本の健康と環境に配慮したサービスづくりでは、検診や環境検査があります。企業や学校といった事業体でのまとまった腸内細菌検査や尿検査で健康状態の確認をしています。これは事業体の集団検診で、大きな病気がわかることもあるので、重要な検査となります。

また保健科学東日本で実施しているサービスには、水質検査もあります。水質検査というのは、飲料水や工場排水、河川水、下水道水といった様々な水の検査のことです。飲み水であれば、安心安全に飲む事ができるかどうかという点は非常に大事なことです。厚生労働大臣の登録を受けた水質検査機関として、ニーズに合わせたさまざまな水質検査を実施しています。

普段使用している水道水以外にも飲料水検査では、簡易専用水道や自家用水道、専用水道、地下水などの様々なものがあります。水と一口に言っても、その種類も豊富にありますし、一つ一つ検査が必要です。これらの水は、飲み水として安心安全なものか飲料水検査が義務づけられています。食べ物や飲み物は、体に入っても大丈夫なのか、特に健康への影響はないのかなど心配ですが、この会社では健康への影響が出ないようにしっかりとした検査が行われているので心配はいりません。

飲み物もそうなのですが、食べ物の安心安全も大事です。保健科学東日本では、食品衛生検査も実施されています。食品衛生検査では、安心安全をモットーにした食品微生物検査と残留農薬検査等が実施されています。食品の安全性はもちろん、健康性や新鮮性の確保が大事だと考えていて臨床検査技術を食品衛生検査に応用し、安心安全で便利なサービスを展開しているのです。こだわりのサービス展開が魅力のひとつともいえるのではないでしょうか。

この他にも、保健科学東日本では安心かつ安全なサービスがたくさんあります。高い技術力を駆使した便利なサービス開発はもちろん、環境にも優しい快適なサービス提供を日々行っています。環境に配慮した高い品質で確かなサービスが魅力の会社なので、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。

保健科学東日本が行う水質・環境検査について

保健科学東日本は、臨床検査の受託業務や、健康に関するコンサルティング業務を行っています。さらに、水質検査や環境検査も請け負っています。このように、保健科学東日本は環境への取り組みを真剣に行っています。今回は、水質検査や環境検査の内容について詳しく解説をします。

保健科学東日本で行う水質検査は、飲料水や、工場の排水、河川・下水の水質が国の定められている基準値に達しているかどうかを検査するものです。工場排水の公害問題は昔から重要視されていますが、近年では、国で定められている基準値も今までよりも厳しいものになっています。それに伴い、罰則なども厳重に取り決められています。飲料水においては、水道法というものがあり、厚生労働大臣から認可を受けている検査機関のみ検査をすることができます。当然、保健科学東日本もその登録証を取得しています。飲料水で検査できることは、一般細菌や大腸菌などもありますが、味や臭気、色度といったものも検査することができます。

飲料水・排水以外にも水質を検査するものがあります。私たちの生活に密着しているもので言うと、「空調の冷却水」がそれにあたります。冷却水には、レジオネラという細菌が増殖する環境に適しているため、発生する危険性が大いにあります。このレジオネラが繁殖してしまうと、レジオネラ症という病気にかかってしまう場合があります。また、冷却水の水質は、空調機器の寿命にも関わってくるのです。

また、岩盤浴・プール・公衆浴場といった大量の水・お湯を使う施設においても水質検査は必要です。言うに及びませんが、高温多湿なこれらの施設は、カビや細菌の宝庫です。利用する方が安心できるためにも、水質検査の必要性が叫ばれているのです。

保健科学東日本では、空気環境測定、土壌検査、産業廃棄物検査、空気清浄度検査といった、水質以外の環境検査も行っています。これらは、私たちの生活に密着している部分のため、健康的な生活を送るためには欠かせない項目です。工場や、給食センター、土建業者といったさまざまな企業・法人から取引を受けています。こういった検査は、建物の内装に使われる物質によって起きるさまざまな現象を抑える働きにつながります。定められた基準で検査を行いますので、安全な状態で使用できるのです。

このように、保健科学東日本は、私たちの生活をより安全で、快適なものにするための、さまざまな衛生検査を行っています。公害に苦しむこともなく、口にしても大丈夫なお水を飲むことができているのも、このような取り組みのおかげだと考えられます。

最新記事